3割近くが「便もれ」を経験していた!「便もれ」経験 28.3%・「尿もれ」経験 43.1%・その他 28.6%

他人には話しにくい、なかなか話題にはできない、下着汚れのトラブルについて、成人男女20,000人の大規模な実態調査が行われました。

<調査概要>調査対象:20~79歳の男女 回答者数:20,000人 調査時期:2017年6月 調査方法:インターネット調査 ユニ・チャーム調べ

最近6ヶ月で
「下着汚れが気になった原因」は
何ですか?
  • 「尿もれ」 43.1%
  • 「便もれ」 28.3%
(N=19,821)ユニ・チャーム調べ

下着汚れのトラブルとして「尿もれ」経験が最多(43.1%)ではありましたが、「便もれ」経験も3割近く(28.3%)に迫る結果となり、年齢問わずに「便もれ」が誰にでも起こり得るものという実態が調査から示されました。

実は「便もれ」予測の難しい場合が多い

「便もれ」のタイミング いつの間にかもれていた4人に1人(26.8%)

「便もれ」症状は、
どのようなときにおこりますか?
  • 「下痢が続いた時」37.9%
  • 「いつの間にかついていた」26.8%
  • 「急にトイレに行きたくなって、
    トイレまで我慢できなかった時」20.1%
(N=19,821)ユニ・チャーム調べ

下痢が続いた時、トイレまで我慢できなかった時など、切迫感をともなった時に下着に少量ついてしまったような状況であれば、「便もれ」経験がない人にとっても想像がつきやすいものです。しかし、ここで皆さんに知ってほしいのが「自分ではまったく気づかないところで便がもれてしまう」という場合もあることです。

調査において「便もれ」がどのような時におこるかを質問したところ、「便もれ」経験者の4人に1人が“いつの間にかもれていた”という結果が明らかに。「いつの間にかの便もれ」は、加齢によるものだけではなく原因はさまざまな理由があるとされています。自分はまだ若いから関係ないとはいえない問題なのです。

「便もれ」を引き起こす要因
  • (女性)出産後や更年期によって
  • 痔の手術後やアルコール性の下痢、過敏性腸症候群などによって
  • 太り気味の方が、身体の構造上、用を足したあとに体内に残った便が「じわっ」と出てきて
  • 神経系疾病に伴う症状として
  • 便秘になり、下剤を服用して下痢になることによって
  • 腸内細菌のバランス悪化により便が不安定になることによって

生活への影響も…「便もれ」経験者、
誰にも相談できず

ストレス・気分の落ち込み・外出中の不安

こうした「便もれ」、家にいる時ならまだしも、通勤中や職場、もしくは友人と会っている時など外出先だったら?調査の中で「便もれ」経験200人を対象に生活への影響をたずねた結果、「気分の落ち込み」(69.0%)、「外出中の不安」(57.5%)が挙げられ、精神的影響の大きさがうかがえました。さらに、「生活への影響ある」(55.0%)と半数以上が実感しています。なによりも、下着が汚れてしまうだけでなく、便の臭いに対する不安は大きいものです。事実、便特有の臭いがもれてしまうことで、他人に不快な思いをさせることは避けられません。また、「便もれ」経験がある200人においては、「誰にも相談したことがない」(74.5%)と、1人で悩む人が多いことが示唆される結果となりました。

誰にでも起こりうる「便もれ」…
どのように対処しているのでしょうか

誰にでも起こりうる「便もれ」…どのように対処しているのでしょうか

誰にでも起こりうる「便もれ」…どのように対処しているのでしょうか

様々な要因によって引き起こされる「便もれ」。経験者はどのように対処しているのでしょうか。

今回の実態調査から、「便もれ」に対処していると回答したのは約2割程度。

対処している方は、「パンティライナー・おりもの専用シート」(18.6%)、「生理用ナプキン」(10.8%)、「ティシュペーパー・トイレットペーパー」(10.1%)など、専用品以外で対処していることが分かりました。

「便もれ」程度を問わず、ニオイの問題は切実

排泄ケア専門家の西村かおる氏

排泄ケア専門家の
西村かおる氏
NPO法人日本コンチネンス協会 会長
日本大腸肛門病学会 ガイドライン評価委員

便もれは「知られたくない」「恥ずかしい」という感情を引き起こし、生活への悪影響を及ぼしがちです。また、便もれしてしまった時のニオイにまつわる不安も大きく、行動の制限が出てしまい、仕事や旅行などの外出や対人関係を控えることにもつながります。
一方で、便がもれてしまった状態を放置しておくとスキントラブルを引き起こす困った側面も。
便に含まれる消化酵素が肌荒れを引き起こすため、尿路感染による膀胱炎や腎盂腎炎の恐れもあります。

いつの間にかの「便もれ」にも頼れる“専用品”

「便もれ」の不安に備えて下着を含めた着替え一式を常に持ち歩くというのも現実的ではないでしょう。程度によっては、介護用オムツを使うことに抵抗がある場合もあります。そんな際、誰にでも起こりうる、軽い便もれに対処する専用品があることをご存知でしょうか。

おしりトラブル全般の下着汚れを防ぐ、手のひらサイズの専用パッドとして、ユニ・チャーム「ライフリー さわやかパッド軽い便モレ用」が登場しました。思わず出てしまった便の広がりを抑え、便臭成分をパワー消臭する頼れるケア用品を上手に使うことで、下着汚れのトラブルや不安を和らげてみませんか?

ユニ・チャーム「ライフリー さわやかパッド軽い便モレ用」