Japan

  1. ライフリートップ
  2. 商品ラインナップ
  3. ライフリー さわやか軽い便モレパッド
  4. 便失禁の原因と症状

便失禁の原因と症状

便失禁についてもその主な症状と原因を知っておき、ケアに役立てましょう。

便失禁だけでもなくなれば、介護負担は驚くほど軽減できますし、

便器に排便する生活習慣を取り戻すことができれば、ご本人の生活意欲も格段に向上します。

便失禁の症状

症状には、肛門括約筋のゆるみによりトイレに間に合わない、強度の便秘により硬便が詰まり便秘と下痢を引き起こす、腹圧がかかりもれる、ガスと一緒にもれる、痔による痛みや肛門周辺の汚染によりもれる、便意の喪失など、主に身体機能の問題からくるものがあります。また、ストレスなどによる緊張で便意をもよおす、知らないうちに出てしまう、という症状もあります。

直腸・肛門機能とその状態

直腸機能(便をためておく機能)と肛門機能(便を出す機能)は、互いに協調しあって機能しています。それらのうち、片方あるいは両方がうまく働かないと、便失禁が起こります。

蓄便機能の障害でもれてしまう場合

直腸機能は過活動状態で、肛門機能は括約筋不全の傾向があります。肛門括約筋が敏感になると、無意識のうちに直腸が収縮を起こし、意思に反してもれてしまうのです。

便排出機能の障害でもれてしまう場合

直腸機能は低活動状態で、肛門機能も弱く、閉まらなかったり開かない閉塞状態にあります。こうした低活動の状態の時は、便がたまり過ぎるためにもれてしまいます。

便失禁の原因

便失禁の原因には、以下のような内容が考えられます。

  • 寝たきりで、排便に必要な姿勢が保持できないことに起因する強度の便秘(便づまり)
  • 下痢(薬の副作用、下剤の乱用など)、便汁のもれ
  • 脳卒中、脊髄神経の損傷、糖尿病などによる、神経系の障害
  • 外傷、手術などによる、解剖学的な障害
  • 運動機能障害、認知症などによる、機能的な障害

便の形成・体内から腸管への水分の移動

排便のプロセス

排便のメカニズムを理解するためには、まず、便はどのように作られるのかを知る必要があります。毎日違うものを食べているにもかかわらず、出てくるものは似通ったものが出てきますが、これは何故でしょう?それは胃腸における消化と吸収のはたらきに関わっています。

消化管

食べ物は口から肛門まで消化管を通って進みます。消化管は食道、胃、十二指腸と続き、その後5~6mあると言われる小腸から、1.5~2mの大腸へ連なります。

消化管は、場所によって形や長さがそれぞれ異なりますが、実はこの違いがはたらきに関係しています。

口 食道(25cm) 胃(20cm) 小腸(5~6m) 大腸(1.6m)

消化・吸収のメカニズム

食べものは食道をすとんと落ちた後、袋の形をした胃の中に一旦とどまります。強い酸性の胃液とよく混ざるためです。

胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。十二指腸では消化液と混ざります。

胆のう 胆汁はアルカリ性なので胃酸を中和する作用がある 胃 食物は胃から分泌される胃酸のはたらきによって溶かされる 膵臓 膵臓から分泌される消化酵素によって、食物は栄養素に分解される 胆汁と膵液は十二指腸へ分泌される 栄養素は胃液、胆汁、膵液といった腸液に溶けて小腸へ進む

その一つは胆汁で、胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられ、胃の動きが活発になるとその刺激が胆のうに伝わり、胆汁が一気に十二指腸へ流れ込みます。また、胆汁はアルカリ性なので、十二指腸で胃酸を中和する作用を持っています。

胃の裏側にある膵臓からは消化酵素が分泌されます。消化酵素は食べものをブドウ糖やアミノ酸と言った栄養素に分解します。

消化管から分泌される胃液や胆汁、膵液は、1日に約6リットルに達すると言われ、これに食べものの中の水分や唾液を加えると、合計9リットルぐらいの量になります。

食べたものは胃の中でドロドロの状態ですが、その後消化酵素のはたらきで目には見えない栄養素に分解されます。そしてこの栄養素は9リットルの液体として細くて長い小腸を進みながら体内に吸収されていきます。

便の形成・体内から腸管への水分の移動(2)

便の形成

さて、消化酵素によって分解された栄養素は、小腸で吸収されますが、食物繊維などの消化されなかったものは、消化液の中に混ざったままです。

小腸に流れ込む9リットルのうち7リットルぐらいは栄養素と共に小腸で吸収され、残り2リットルが大腸に入ります。食物繊維が混ざったこの2リットルは、完全に水のような状態です。

大腸では主に水分や電解質が吸収されるので、食べもののカス(食物残渣)だけが集められ、それが固まりとなったものが便になります。

小腸 小腸に流れ込んだ9Lは、栄養素と共に小腸で7L吸収される 上行結腸 残りの2Lが大腸に注ぎ込む 下行結腸 大腸は水分を吸収し、2Lの中の食物残渣が便塊となる S状結腸 直腸

図1 便の形成

体内から腸管への水分の移動

身体の中に入った食べたものの形の変化を想像してみましょう。

食べものは、まず口の中で噛み砕かれ小さな塊になります。この塊は胃酸や消化酵素と言った消化液によって栄養素に分解され、目に見えないくらいのつぶつぶになります(図2)。

胆のう 胆汁はアルカリ性なので胃酸を中和する作用がある 胃 食物は胃から分泌される胃酸のはたらきによって溶かされる 膵臓 膵臓から分泌される消化酵素によって、食物は栄養素に分解される 胆汁と膵液は十二指腸へ分泌される 栄養素は胃液、胆汁、膵液といった腸液に溶けて小腸へ進む

図2 食べ物の形の形成

そしてこのつぶつぶは腸液に溶け込んだ状態で腸を流れていき、大部分の腸液は栄養素と共に吸収され、最終的に消化しきれなかったカスが大腸で固まりとなっていきます(図1)。

このように食べものの形の変化は腸のどこを移動しているかと関係していますが、同時に便の形は大腸を進む早さに関係しています。

何故ならば大腸に到達する時はほぼ液体の状態なので、水分が吸収されずに大腸を素通りすれば、水のような便になります。逆に大腸の通過時間が長ければ水分の吸収が進み、便はコロコロ、カサカサになっていきます。

便の形は大腸を移動する時間と関係している 腸の中を早く流れると下痢になる 腸の中をゆっくり進むと固い便になる 消化管の通過時間:非常に遅い(約100時間)~非常に早い(約10時間) 1.コロコロ便 2.硬い便 3.やや硬い便 4.普通便 5.やや軟らかい便 6.泥状便 7.水様便

大腸の通過時間と便の形