1. TOP
  2. 男女2000人にきいてみました! ちょいモレ意識調査
  3. セルフケアで憂いなし!男のちょいモレ対策

男女2000人にきいてみました! ちょいモレ意識調査 セルフケアで憂いなし!男のちょいモレ対策 男女2000人にきいてみました! ちょいモレ意識調査 セルフケアで憂いなし!男のちょいモレ対策

年齢を問わず多くの男性が経験している「ちょいモレ」。成人男性の8割以上が経験しているにも関わらず、6割以上が「何の対策もしていない」という結果に…。一方、すでに対策している人は、おしっこをした後に「振る」「絞る」「待つ」などでセルフケアする人が多いよう。ただし、その方法による満足度は6割台と、それほど高くはありません。

 

「ちょいモレ」はズボンにシミができる、ニオイが気になるといった直接的な問題だけでなく、仕事に集中できない、人前に出たり、飲み会に行くのが不安…など、心理的な面からも普段の生活に影響を及ぼします。一方で、「ちょいモレ対策」を施すことで7割〜8割の人の不安が減ったという前向きなデータもあります。20代〜30代の若い世代に至っては、モレの頻度や量が改善したという結果も出ています。
すべての年代の男性にとって放置できない「ちょいモレ問題」。何らかの対策を早めに検討してみるのがよさそうですね。

一歩先ゆくちょいモレ対策、「ミルキング」って何?

一歩先ゆくちょいモレ対策、「ミルキング」って何? 一歩先ゆくちょいモレ対策、「ミルキング」って何?

「振る」「絞る」「待つ」などの対策をすでに取り入れている方にも、ぜひお試しいただきたいのが「ミルキング」です。長いホースに水が残るように、男性の尿道には尿が残りやすいと言われます。陰のう(睾丸の入った袋)裏側の付け根部分を圧迫しながら絞り出すミルキングには、尿道にとどまった尿を外へ出し切る効果があります。

 

他にもちょいモレ対策はあります!

インナーマッスルも鍛えられるおっかけモレ筋トレはこちら

「ちょいモレ」対策は「何もしていない」 「ちょいモレ」対策は「何もしていない」

行っている「ちょいモレ」対策に対する満足度 行っている「ちょいモレ」対策に対する満足度

「ちょいモレ」対策による不安の軽減 「ちょいモレ」対策による不安の軽減

「ちょいモレ」対策による発生頻度の改善 「ちょいモレ」対策による発生頻度の改善

「ちょいモレ」対策による発生頻度の改善(世代別) 「ちょいモレ」対策による発生頻度の改善(世代別)