1. TOP
  2. 男の「おっかけモレ」 改善5か条!
  3. 5.おっかけモレを予防し、インナーマッスルも鍛えるカンタン!「おっかけモレ筋トレ」

男の「おっかけモレ」 改善5か条! 男の「おっかけモレ」 改善5か条!

第5条 おっかけモレを予防し、インナーマッスルも鍛えるカンタン!「おっかけモレ筋トレ」 第5条 おっかけモレを予防し、インナーマッスルも鍛えるカンタン!「おっかけモレ筋トレ」

「おっかけモレ筋トレ」とは、骨盤の底にあり、尿道を締めるはたらきをしている骨盤底筋を鍛えるための簡単なトレーニングです。骨盤底筋は年齢に関係なく鍛えることができます。やり方はとてもカンタン! 自宅はもちろん、電車やオフィスなどでも気軽にできます。最も重要なのは、毎日続けること。1日5分でもいいので継続するようにしましょう。おやすみ前に必ず行うなど、日々の生活の中で習慣にすると長続きしやすくなります。

 

このトレーニングによって、尿モレトラブルの解消だけではなく、骨盤底筋を含むインナーマッスルを鍛えることにもつながり、ダイエットにも効果が期待できます。ぜひ、気軽にトライしてみましょう。

「おっかけモレ筋トレ」をはじめてみよう! 「おっかけモレ筋トレ」をはじめてみよう!

横になって 横になって

イメージ:横になって

1

仰向けに寝て、足を肩幅に開き、両ひざを軽く立てて、体をリラックスさせます。

2

その姿勢のまま、肛門まわりの筋肉を、1分間のうち12~14秒ほど締めます(きつい方は、最初は5秒くらいから始めましょう)。肛門、尿道を締め、陰部全体をじわじわっと引き上げるイメージです。

★お腹や足、腰などに力が入らないように注意しましょう。

3

1分間のうち、残りの40秒ほどは、体の力を抜き、全身をリラックスさせます。

4

このサイクルを10回くりかえします。きつい方は、2~3回から始めましょう。

イメージ:椅子に座って

椅子に座って 椅子に座って

1

椅子に座って足を肩幅に開き、足裏全体を床につけます。

2

その姿勢のまま、肛門まわりの筋肉を、1分間のうち12~14秒ほど締めます(きつい方は、最初は5秒くらいから始めましょう)。肛門、尿道を締め、陰部全体をじわじわっと引き上げるイメージです。

★お腹や足、腰などに力が入らないように注意しましょう。

3

1分間のうち、残りの40秒ほどは、体の力を抜き、全身をリラックスさせます。

4

このサイクルを10回くりかえします。きつい方は、2~3回から始めましょう。

立った姿勢で 立った姿勢で

1

足を肩幅に開いて立ち、テーブルなどに手をのせます。

2

その姿勢のまま、肛門まわりの筋肉を、1分間のうち12~14秒ほど締めます(きつい方は、最初は5秒くらいから始めましょう)。肛門、尿道を締め、陰部全体をじわじわっと引き上げるイメージです。

★お腹や足、腰などに力が入らないように注意しましょう。

3

1分間のうち、残りの40秒ほどは、体の力を抜き、全身をリラックスさせます。

4

このサイクルを10回くりかえします。きつい方は、2~3回から始めましょう。

イメージ:立った姿勢で

「5か条!」menu 「5か条!」menu

編集:株式会社保健同人社