Japan

  1. ライフリートップ
  2. 認知症予防
  3. ソーシャル・ウォーキング®
  4. 実践者の声

ソーシャル・ウォーキング®
実践者・体験者の声楽しさコツ教えます!

ソーシャル・ウォーキング®
 実践者の方の声

仲間との探鳥会を通したコミュニケーションが楽しい!!

私は、野鳥の会の仲間と「探鳥会」で歩いています。珍しい鳥や迷い鳥を見つけ、SNSに写真をアップすると、それを見たバードウォッチャーたちが集まってきます。写真を友人に自慢したり、「探鳥旅行」の動画編集もします。そういうコミュニケーションが楽しいですね。バードウォッチングは、外出する、体を動かす、友だちをつくる、そのための良い負荷になっています。みなさんも、鳥が逃げてしまうくらい笑い声が絶えないコミュニケーションを楽しみませんか?

外出するきっかけをたくさん持って一期一会を大切に!

若い頃から体操、ゴルフ、日本舞踊、ヨガと体を動かすことが好きでした。今は、ノルディックウォーキング講座に通い、ついでに買い物もしています。コミュニティレストランのお手伝いもし、太極拳や茶道も習っています。だから、ほぼ毎日外出します。複数のグループに入ると、刺激がいっぱいです。実は、こういう活動で外出したとき、地域包括支援センターから声を掛けられてはじめたのがノルディックウォーキングでした。チャンスと出合うためにも外出は大事ですね。

スポーツ経験のない私にはノルディックウォーキングは最適!!

ノルディックウォーキングをはじめて4年目です。安定感があり、疲れないのがいいですね。特別養護老人ホームで働いているので、健脚の維持にも最適。スポーツ経験ゼロの私には、いまやなくてはならないものです。手芸グループに何人かを加え、歩こう会もつくりました。手芸の腕を活かし、ウォーキングポールの携帯用バッグを手づくりして友だちにもプレゼントしました。仲間と一緒に語り、時間を過ごすのにソーシャル・ウォーキング®は、ピッタリです。

ボランティア活動で子どもたちの成長を見られるのが幸せ!!

絵本の読み聞かせボランティア活動(通称りぷりんと)をしています。保育園や学校での読み聞かせは週1~2回ですが、絵本選びで図書館等に週3日は通うので、歩数は1日1万歩を超えます。何よりの幸せは、「次も楽しみ」と言ってくれること。そして、活動団体として卒業式に招待してくれたり、街中で偶然会ったときにご両親からお礼を言われたりすることも、喜びの1つです。子どもたちの成長を見られる喜びと読み聞かせの技術をもっと上達させたいという向上心が、私を動かしています。

2018/11/4 東京都・葛西臨海公園 開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

私にどんな社会参加ができるか不安でしたが人の役に立つことを探してみます。(70代 女性)

近所に住んでいますが、歩き方や見どころを教えていただき新鮮でした。(60代 男性)

認知症が不安だが、症状が遅らせられる様、友達ともっと外出を心がけたい。(60代 女性)

2018/10/14 静岡県・富士山こどもの国 開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

ソーシャル・ウォーキング初めて体験させて頂きました。周りの植物等もいろいろ説明してくれる人がいたらもっと周りを気にしながら楽しめたと思います。(ガイドさんいたんですが少し距離があったですね)(50代 男性)

静岡市周辺でもこのようなイベントがあれば参加したいです。今回インターネットで応募しようかと思ったら子どもの人数を入れないと次の画面に進めなかったのですが、子どもなしでも参加できることを明記していただけたら良かったと思います。(40代 女性)

ノルディックウォーキングについて興味があり体験できてとても良かったです。また、父の家でのひきこもりを解消できればと思います。ありがとうございました。(40代 男性)

2018/4/21 葛西臨海公園 開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

多くの人とおしゃべりしながら歩き、活力が沸いた。またやってみたい。(女性)

普段と違った運動で、外出する楽しみ方の1つとなった。(男性)

認知症が不安だが、少しでも症状が遅らせられる様、生活に取り入れたい。(女性)

清々しい春晴れの中、人との出会い、予防方法学べて最高でした。(男性)

2017/10/15 大阪府・百舌鳥古墳群(大仙公園)開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

普段から防犯と健康のボランティア活動を行っているが、今日学んだ「社会参加とウォーキングで認知症予防」という考え方を、今やっているボランティアの会員募集のチラシに取り入れたいと思います。(男性)

今回の機会で久しぶりにウォーキングをしました。介護をしており、運動量が減ってしまっているのだが、運動不足で体のあちこちが痛くなりはじめているので、自分のケアもしないといけない、と思い、ノルディックウォーキングに参加してみました!(女性)

普段からウォーキングはしているが、ポールを使ったウォーキングは初めて。最初は歩き方がぎこちなかったですが、慣れてきたら歩幅も広がって歩けるようになり、非常に楽しかったです。自営業で仕事をしているので、普段から体を動かしていて健康に自信があります。規則正しい生活、食事もしっかりとることが重要ですね。(ご夫婦)

2017/6/4 静岡県・掛川市 開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

普段から週一回、ノルディックウォーキングをしています。歩いた後は疲れを感じるよりもいい気もちになります! (友人同士の女性2名)

普段のウォーキングでも、ご近所さんとの挨拶などをしながら歩いています。これからも、一日8000歩、有酸素運動を意識して、続けていきたいです。 (ご夫婦)

2017/4/15 東京都・昭和記念公園 開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

今まで、足が痛くてあまり歩いていなかったが、今回歩き方を教えてもらい、他にも色々いい事があると聞いたので、これからもやれるかなと思った。私に合っていると思った。こういう機会が他にもあれば参加したい。 (女性)

前回も参加し、今日は二回目の参加です。普段も良く歩いているが、ポールを使うとより良いように感じました。今後も続けられそうです。 (男性)

ソーシャル・ウォーキングは初めて参加したが、ものすごく楽しかったです。歩き方が昔の自分に戻ったように感じました。これからも継続して、友達と一緒に歩きたいです。 (女性)

友達に誘われて参加したが、私たちは認知症に気を付けないといけない世代。今日の話を聞いて、これからはもっと、大いに散歩しようと思いました。ポールは持っているが一回しか使った事がなかったので、さっそく使おうと思います! (女性)

2016/10/6 東京都・日比谷公園、2016/10/7 大阪市・大阪城公園 開催
『ソーシャル・ウォーキング®』体験会 参加者の声

認知症にならない、なるのではなく、なるかもしれないけれど、少しでも遅らすことができる様に、ウォーキングを続けたいと思います。 (大阪会場参加者 女性)

最近トイレが近く外出するのが億劫でしたが、こういうウォーキングであれば楽しく参加できると思います。 (東京会場参加者 女性)

家の近くの公園でも手軽にでき、説明を受けたようなボランティア活動や家族の介護の機会を利用して、ソーシャル・ウォーキングを生活に取り入れたいです。 (東京会場参加者 女性)

お問い合わせ

認知症予防のソーシャル・ウォーキング®に取り組んでいただける団体や自治体をサポートいたします。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

ご購入をするサイトをお選びください

(外部サイトへ移動します)