Japan

  1. ライフリートップ
  2. 認知症予防
  3. ソーシャル・ウォーキング®
  4. ソーシャル・ウォーキング®サポートプログラムについて

ソーシャルウォーキング 社会参加+健康歩行 認知症予防に取り組む自治体・非営利団体を応援! ソーシャル・ウォーキング®サポートプログラム ソーシャルウォーキング 社会参加+健康歩行 認知症予防に取り組む自治体・非営利団体を応援! ソーシャル・ウォーキング®サポートプログラム

あなたの地域で、ソーシャル・ウォーキング®体験会を開催してみませんか。

このたび、ユニ・チャーム(株)「ライフリー」と公益財団法人認知症予防財団は、共同事業として「ソーシャル・ウォーキング® サポートプログラム」をスタートいたしました。

「ソーシャル・ウォーキング® サポートプログラム」は「ソーシャル・ウォーキング®」の考え方に共感していただき、体験イベントを開催してみたい!という地方自治体様や非営利団体様を応援する新しい事業です。「ソーシャル・ウォーキング®」を地域の皆様に体験いただくことで、一人ひとりがそれぞれの生活のなかで認知症予防に取り組むきっかけづくりとなります。地域の絆と笑顔を広げる健康増進事業として、ぜひご活用ください。

地域も、人も、元気になる!「ソーシャル・ウォーキング® 」とは

認知症予防には、適度な運動とバランスの良い食事で脳の健康状態を良好に保つ【生理的アプローチ】と、趣味やボランティア活動などで社会と接触し脳を刺激する【認知的アプローチ】の両方に取り組むことが効果的と実証されています。

「ソーシャル・ウォーキング®」は「社会参加&歩行」の造語で、この2つのアプローチを組み合わせた認知症予防のためのウォーキングです。人と関わり、楽しみながら歩くことを日々の生活に取り入れることを目指します。

ソーシャル・ウォーキング® 体験会について

「ソーシャル・ウォーキング®」を住民の方々が習慣化するためには、身近な場所で、その楽しさを実感する

機会が重要となります。「ソーシャル・ウォーキング® 体験会」は、その考え方を学ぶ【講義編】と、

歩き方を体験する【実技編】の2部構成で実施します。

【①講義編】 1~2時間程度

ソーシャル・ウォーキング®セミナーを市民ホール等で開催。

東京都健康長寿医療センター研究所から講師をお招きし、認知症について、認知症予防に役立つ生活習慣、社会参加と運動の重要性、「ソーシャル・ウォーキング®」についてわかりやすくご講演いただきます。

あわせて、貴地域での健康推進事業の紹介や、地域のボランティア活動や市民サークル等の紹介を組み込むとさらに効果的です。

※上記プログラムは一例です。自治体様や団体様のご都合に合わせて組み立てますのでご相談ください。

【②実技編】 1~2時間程度

ノルディックウォーク体験を実施

会場を移しノルディック・ウォークを体験していただきます。全日本ノルディック・ウォーク®連盟の公認指導員のもと、参加者同士でコミュニケーションを楽しみながら、1時間(4㎞程度)のコースを歩きます。

参加者の声

紅葉、桜等美しい時期にこのソーシャル・ウォーキング® をやってほしい。

参加者:60代 女性

ソーシャル・ウォーキング® を初めてやって歩きやすさにびっくり!これからも続けたいと思います。

参加者:60代 女性

今回初めて参加しました。大変楽しい気分です。体験会を毎月やっていただけるとうれしいです。

参加者:70代 男性

近所に住んでいますが、歩き方や見どころを教えていただき新鮮でした。

参加者:60代 男性

募集要項

1.サポート対象

「ソーシャル・ウォーキング®」体験会イベント実施を希望される地方自治体(市区町村に限る)および社会福祉法人、NPO、市民サークル等、高齢者の健康増進に取り組んでいる非営利団体

2.サポート内容

イベント開催にあたり、以下のようなサポートをご提供します。

・イベントの準備から実施までのノウハウ、コンサルティング

・参加者募集ポスター、チラシ等の印刷用データ制作

・ソーシャル・ウォーキング® のパンフレット等、当日に配布する資料の提供

・東京都健康長寿医療センター研究所の講師の派遣

・全日本ノルディック・ウォーク®連盟の公認指導員の派遣

・ノルディックウォーキング用ポールの貸し出し

*上記に含まれないものは、自治体様、団体様のご負担となります。

・セミナー会場費用

・当日のイベント運営スタッフの手配、人件費など

3.応募条件

①地方自治体(市区町村に限る)、または非営利団体であること

②自治体または団体主催で体験イベントを開催すること

③イベントタイトルには必ず「ソーシャル・ウォーキング®」という呼称を含むこと

④後援として「認知症予防財団」「ユニ・チャーム」の名称を入れること

⑤参加者募集のチラシやポスターについては、事務局が制作した印刷用データを使用すること

⑥講演会の会場(市民ホール等)、運営スタッフを確保できること

⑦終了後、実施風景等の写真を含む報告書をご提出いただけること

⑧実施風景等の広報発表が可能なこと(参加者の承諾含む)

4.応募方法

規定の申請書式に必要事項をご記入の上、電子メールに添付し、以下の事務局メールアドレスへお送りください。

*ご応募は電子メールのみ受け付けます。

5.応募締めきり

9月30日(月)23時59分

6.選考方法

応募多数の場合は、地域や実施希望時期などを勘案して事務局にて選出します。

7.選考結果の通知

10月中旬頃、申請書に明記いただいたメールアドレスに通知いたします。

ソーシャル・ウォーキング® サポートプログラム

主催: ユニ・チャーム株式会社「ライフリー」/ 公益財団法人 認知症予防財団
後援: 毎日新聞社
協力: 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所/ 全日本ノルディック・ウォーク®連盟

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

ライフリー ソーシャル・ウォーキング® 事務所

03-6809-0117

受付時間: 10:00 〜 17:00 (土・日・祝祭日を除く)

メールでのお問い合わせ

ライフリー ソーシャル・ウォーキング®事務局メールアドレス

info@social‒walking.com

受付時間: 10:00 〜 17:00 (土・日・祝祭日を除く)

ご購入をするサイトをお選びください

(外部サイトへ移動します)